2011年10月31日

高校受験成功は模擬試験

高校受験で希望の高校へ合格するためには、
日頃の勉強も重要ですが、
高校受験の過去の模擬試験をしっかりチェックすることも大切です。


模擬試験は高校入試の予想問題でもあります。


模擬試験で出題された問題が高校入試に出る場合もあります。


そのため、模擬試験の内容をしっかりと勉強し、
解くことができない問題は繰り返し勉強して完璧にとけるようにしておくといいでしょう。


模擬試験では、合格率や偏差値が分かるだけでなく、
それぞれの科目でどこが理解出来ていないのかを細かく分析し、
そのデータをもらうことができますので、
自分では気がつかなかった弱い点を知ることができます。



模擬試験で重要なのは点数だけではありません。


模擬試験の結果を知り、分析して自分の弱い部分を発見することが大切です。


模擬試験の結果だけで一喜一憂するのではなく、
自分がどこを理解できていてどこが理解できていないのかを知り、
希望の高校へ合格するために受験勉強の参考にします。


また、模擬試験だけでなく、
中学校で行われる試験も同じです。


高校入試の傾向をチェックしながら予想問題を作成していますので、
今までのテストで出題された問題をしっかりとチェックすることが、
受験勉強として有効といえるでしょう。
posted by 高校受験合格グッズ at 11:42 | TrackBack(0) | 高校受験 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

希望高校へ合格するための受験対策はいつからがベスト?

高校受験は
高校へ進学するためにどうしても必要なものです。


憧れの高校へ進学できるのは、入学試験を受けて合格した人だけです。


高校受験の合格者と不合格者にはまさに天と地ほど
の違いがあります。


合格者になるためには、受験対策をしっかり立てる必要があります。


受験の合否は
試験のみで決まるわけではなく、内申書も大きな影響を持っています。


内申書は、中学3年生の成績だけではなく中学2年生の終わり、
中には中学1年生からという場合もありますのでのんびり構えているわけにはいきません。


では、
具体的にはいつ位から準備を始めればよいのでしょうか。


中学1年からすぐに過去問を購入し、高校受験の準備をするのが
一番適切といわれています。


その理由は、学校で授業を受けてすぐに高校受験対策の問題集に
取り組めば、高校受験問題の出題傾向が把握できるからです。


高校受験の傾向をつかみ復習にもなるのですから、一石二鳥ですね。


高校3年生になったら、
今まで習ってきたところを、自分が持っている問題集や、塾の教材を使ったりしながら学習します。


良く理解できていないところを把握してください。


そして、何度も何度も問題を解き問題集を使い倒します。


この時期、どこに何がかいてあるか把握できないので新しい問題集には飛びつかないほうが良いです。

posted by 高校受験合格グッズ at 11:50 | TrackBack(0) | 高校受験 受験対策の開始時期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

高校受験成功は面接

高校受験には面接がつきものですが、
面接試験というものが初めてという方は多いことでしょう。


そのため、面接に戸惑ってしまう方は多く、
上がってしまう場合も少なくありません。


面接になれるためには練習が必要です。


中学校でも何度も高校受験の面接の練習を行うことでしょうから、
落ち着いてしっかり練習しましょう。



高校受験の面接での注意点として、
質問にははきはきと大きな声で答えることが大切です。


高校の志望動機は必ず聞かれることですので、
はっきりと答えることができるように志望する高校の情報を集めておきましょう。


また、突っ込んだ質問が面接官から行われる場合もありますので、
突っ込んだ質問にも答えることができるようにしておくことが大切です。


そして、自分の短所や長所についても聞かれます。


客観的に自己評価を行い、
しっかり答えることができるようにしておきましょう。


最後に入学後の目標についても
質問される場合があります。


具体的にどういったことをがんばりたいかなどをきちんと話せるようにしておきましょう。
posted by 高校受験合格グッズ at 12:20 | TrackBack(0) | 高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。