2009年03月04日

高校受験 家庭教師と塾とのちがい

高校受験対策

といえば 学習家庭教師です。

どちらを選べば高校受験対策として子供の成績を伸ばせるので

しょうか?



高校受験●学習塾に向いている子供

・やる気がある

・勉強方法がわかっている

・予習、復習が自発的にできる

・自分で学習プランの設計ができる

・人の前でも進んで質問できる

・受験の傾向と対策について興味がある

・目的が同じの仲間やライバルを欲しがっている

・得意科目を伸ばしたい



以上のようなことができる子や目的を持った子は学習向き

と言えます。





高校受験●家庭教師に向いている子供

・勉強方法がわからない

・自発的に学習プランが立てられない

・自宅で勉強する習慣がない

・基礎学力から学習したい

・学校やの予習・復習が自発的にできない

・受験だけでなく、中間・期末テスト対策



以上のような子は家庭教師向きと言えます。

勉強のやり方がよくわからない、自発的に学習プランが

たてられない。もしくは基礎部分からもう一度学習したい

といった子供です。



また、

内気で人前で質問することができないような子や、集団学習

が苦手な子は家庭教師向きといえるでしょう。



家庭教師に

向いている子供と学習向きの子供は全くと反対にあると考え

られます。



それぞれに合った方法で高校受験対策することが大切です。

posted by 高校受験合格グッズ at 12:38 | TrackBack(0) | 高校受験 家庭教師・塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校受験 家庭教師に向いている子供

高校受験対策

として考えられることに家庭教師があります。

家庭教師は自宅に来てくれて、ワンツーマンで勉強を教えて

くれます。

受験を乗り越えた先輩が親密になり力になってくれることは

受験生にとって何より心強いものになるのではないでしょうか?



高校受験が

近付き、1分1秒でも時間が惜しい受験生にとって、通学の必要

がないのはうれしいことです。



高校受験のために家庭教師を探すポイントをまとめてみました

1.家庭教師を決める前に面接ができる

2.家庭教師の変更が自由にできる

3.できるだけ5科目対応可能な家庭教師を選ぶ

4.地元の高校受験を体験した人を探す

5.料金が高すぎない

6.教材販売が無い

などがあげられます。



特に1、2にあるように

「家庭教師を決める前に面接できる」ことや「家庭教師の変更

が自由」にできることは、高校受験する上で大切になってきます。



どんなに

実績がある家庭教師でも、生徒との相性が悪ければ、学習意欲

を伸ばすことができません。

反対に相性抜群の家庭教師なら、学習意欲を伸ばしてあげる

ことができます。

中には 男の先生がいい受験生や女の先生がいい受験生も

いることでしょう。



最後に、

進学塾は実績を重視していますが、実は家庭教師も、家庭教師

という個人の実績を重視しています。

家庭教師は、志望校に合格できるようにその子に合った指導方法

を模索することを大事にしています。
posted by 高校受験合格グッズ at 11:37 | TrackBack(0) | 高校受験 家庭教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校受験 奨学金制度とはどのような制度なの?

高校受験の奨学金制度

という言葉は良く聞きますが、それはどのような制度のことを言う

のでしょうか?

そして どのような人が対象になるのでしょうか?



奨学金とは

能力や学力は充分あるにもかかわらず、金銭的、経済的な事情により

進学が困難な学生に対し、学費や生活費の援助を行う制度のことです。

奨学金制度は母子家庭など、家庭の事情により進学できない子ども

は意外に多く、その子供達にも平等な勉学の機会が与えられるように

と作られました。



高校受験の奨学金というと、


経済的な問題を抱えた生徒特有の制度のようなイメージがあります

が、特別優秀な学生などには奨学金の給付が行われる事もあります。

奨学金の給付や貸与によって学費や生活費などの経済的負担が減り、

集中して勉強が出来る環境を作るという事も目的の1つになっています。



高校受験の奨学金制度には

給付と貸与の2種類があります。

給付の場合は卒業しても変換する義務がありません。貸与の場合は

決められた期間に返還する必要があります。

高校受験の奨学金を受けることができる生徒は経済的な理由だけが

基準にされるのではなく、学力や人物も判断基準になります。



高校受験の奨学金制度について

詳しく知りたい場合は、学校の先生や教育委員会に問い合わせて

みてください。

posted by 高校受験合格グッズ at 10:29 | TrackBack(0) | 高校受験 奨学金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。